肌荒れで困っている女性

【肌が弱い人必見】日焼け止めは子供用の乳液がオススメ

日焼けをするといくつか困ることがありますよね。特に困るのが「肌荒れ」です。乾燥肌や敏感肌などの肌が弱い人は、簡単に肌が荒れてしまうのではないでしょうか?

また、肌荒れを気にしていると、夏でも半袖やノースリーブなどのラフな服装にはなれず、長袖を着るはめになってしまいます。ラフな格好をするにしても、日焼け止めを手放せないのも何かと大変です。

肌にできるブツブツは冷やせば治る?

日焼けをすると、肌にぶつぶつのような肌荒れが出来てしまいますよね。肌荒れのぶつぶつが出ると痒くなりますが、我慢したところでブツブツの部分は見た目が気になります。

氷

私自身は、ぶつぶつが出たらいつもなるべく外に出ずに、夜の間にしっかり冷やします。当然、自宅に入る紫外線も気をつけます。これだけで肌は元に戻っちゃうんですね(個々人で効果は違うかもしれません)。

日焼け止めには乳液がおすすめ

日焼けをしない方法はいくつかありますが、肌の弱い人には子供用の日焼け止め乳液をおすすめします。子供用だから肌への刺激をさらに減らす効果もあるし、乳液の方がクリームより敏感肌向けに作られていると聞いたことがあるからです。

日焼け止め乳液はさらっとしたり、もちもちとしたりする効果があるので乾燥肌にはとても効きます。今年も日焼け止め乳液を買いましたが、今の日焼け止め乳液は日焼け止め以外にも保湿対策にもなるような感じがします。

乳液

昔の日焼け止め乳液はただ日焼け止めするだけだったのですが、今の日焼け止めは多少成分が多いもののしっとりするとか石鹸だけで落とせるというように工夫がされています。だから今の日焼け止め乳液は昔よりも質のいいものがたくさん出回っています。

もし買おうか迷っている人でもテストしながら買ったり、石鹸で落とせて子供用と書かれていればあまり強くないと思います。強くないのは肌へのダメージだけで保湿の効果や紫外線を防ぐ効果は安くてもしっかり効きます。

基本はやはり日焼けをしない事なので、日焼けが苦手な人は是非参考にしてください。