nyuuyoku

炭酸風呂で体を温めて美肌に

私はただ体を温めるだけの美容法を行っています。たったこれだけですが、実は美容にはかなり効果的なんです。

体を温めるとどんな効果が有るのか?

色白

体温が高くなると「肌の血行」が良くなります。血行が良くなると、細胞に栄養や水分をたくさん供給することができます。すると、皮脂や汗の分泌も増えるので、肌がしっとりとキメ細かくなります。

また、老廃物の排泄も促進されるので、肌のくすみや色素沈着も起こらなくなり、シミやくすみも薄くなっていきます

しかし、体が冷えて血行が悪くなると、肌荒れを起こしてカサカサになり、シミやくすみも増えて年老いて見えてしまいます。また歯茎が紫色になったり、目の下にクマができたり、痔になることもあります。

つまり、肌の美しさを保つには、体を冷やしてはいけません。むしろ、肌も含めた全身を温めて血行を良くすることが大切なのです。

【体を温める方法】オススメは炭酸風呂

炭酸風呂

体を温めるための方法は、食事や運動などさまざまですが、一番手軽で効果的な方法は入浴ではないでしょうか。

温かいお風呂に入ると血管が広がって血行が促進され、肌はもちろんのこと体中に酸素や栄養が補給されます。また、老廃物の排泄作用も促されるので血液が浄化され、肌も美しくなります。

また、毛穴から皮脂が分泌され、毛穴の汚れやバイ菌を洗い流してくれます。さらに汗と混じって皮脂膜を作り、しっとりとした肌を作ってくれます。

単なる入浴だけでも美肌には効果がありますが、中でも私がお気に入りなのは炭酸風呂です。炭酸泉はヨーロッパにたくさんあり、人気だそうです。日本では炭酸泉はあまりありませんが、最近はスーパー銭湯でも炭酸泉を提供するところも増えてきています。

自宅で炭酸風呂を作る方法

炭酸風呂は家庭でも簡単にできます。コップ一杯の重曹と大さじ2杯のクエン酸を湯船に入れるだけで完成です。シュワシュワの細かい泡が発生して、お湯が柔らかくなります。普通に入浴するよりも体を温めてくれるので、新陳代謝が高まり、モチモチの肌を作ってくれますよ。

翌朝、お風呂を掃除する前に湯船の底を見ると、薄茶色の汚れが溜まっているのがわかります。これは皮脂汚れや不要な角質です。肌には不要なものを自然に取り去ってくれるので、肌に負担をかけません。この炭酸風呂は、これまで3年続けています。炭酸風呂のおかげか40を過ぎてもほうれい線はなく、年齢よりも5歳以上若く見られます。オススメの美容方法です。