乾燥肌

30代目前にしてあからさまに目立ってきたお肌の乾燥と私がしている対策

冬の乾燥肌に悩む人は多いのではないでしょうか?私の場合は、何故か毎年お正月を過ぎた頃からお肌が乾燥し始めます。

30代の乾燥肌

年齢を重ね、もうすぐ30歳を迎える私の肌はまるで粉吹き芋のように細かく皮がめくれあがり、ファンデーションを塗れば塗るほど浮いた皮が目立って汚くなっていくという悲しい事態に。

若い頃からもともと軽い乾燥肌ではあったのですが、クリームタイプのファンデーションを使うことでほとんど乾燥は気にならない程度だったので、とくにこれといったケアをすることもなく、放置していたんですよね。ベタつくような化粧品が苦手だったというのも有りますが。

しかし、今年は何かが違う。塗れば塗るほど存在感を主張し始めるこの小鼻周りの皮…!一体なんだってんだ!!私が何をしたって言うんだよ!!

私の乾燥肌対策

強いて言えば何もしてこなかった私が悪いのですが、若気の至りを後悔した所で時すでに遅し。今から自分に出来る事をやっていくしかありません。とはいっても、周りの友人みたいに化粧水、乳液、美容液、日焼け止め、化粧下地…なんて何層にも液体を重ね塗りするのは避けたい。いや、ぶっちゃけめんどくさい。

美容

そこで思い出したのがおばあちゃんのマストアイテム、ニベアクリーム!なんか「試してガッテン」とかで話題になってたそうな。とりあえずお風呂上りと朝の洗顔後に塗りたくるようにしてみました。

んで強敵の粉製造機ファンデーションですが、これも思い切って止めて資生堂のベビーパウダーをファンデ代わりに使うことにしました。なあに、コンシーラーさえ使ってりゃなんてことないさ。←我ながらクズである

そんな訳で私の普段のメイクは青缶と某ベビーパウダー、そしてクマが出来てる日はコンシーラーを使うという超手抜きメイクにシフトチェンジしたのですが、周りの評価は好評です。「肌綺麗だねー、ファンデーション何使ってるの?」なんて化粧品のコマーシャルで言われそうなセリフも聞ける程度にはお肌の調子が良いようです。

しかし、これから花粉の季節を迎えるので、今の状態から更にお肌が乾燥し、なんなら花粉でかぶれるという辛い季節がやってきます。

はたして青缶はどこまで私のお肌を守ってくれるのか。出来れば小じわも消したいなー。青缶だけじゃ無理かなー。

参考:夏に受けた肌へのダメージ「乾燥」「炎症」をケアしよう